写真撮影

写真撮影で大切な心得

風俗を利用する男性にとって、指名の時に最重要視するのは『写真』です。
ホテルヘルスや店舗型ヘルスなどの受付所があるお店では、このパネル写真を見せながらお客様に女性を選んでもらいます。
デリバリーヘルスなどの派遣型のお店は、受付所がないのでお店のホームページに女性のパネル写真を掲載して、その写真をもとに選びます。
『写真』は良くも悪くも、お客様に女性の魅力を伝える最も有効的な手段です。
実物(本人の容姿)は素敵なのに、掲載した写真での指名が少ない ということは、まさに写真に問題があり、お店の責任といえるでしょう。

ユーザーの目線

 
お客様はホームページの在籍表か出勤表を見て女性を選びます。
在籍女性全員のプロフィールを見るお客様も中にはおられますが、大抵のお客様は無意識に 『自分の好み』というフィルターを自然にかけてしまった上で、在籍表や出勤表を見ます。
その時に目に留まらなければ、プロフィールは見られることはないでしょう。
また、目に留まらないような写真では、いくら性格が良くて、サービスが良くても、 選ばれないので、なかなか収入には結び付きにくくなります。
そんな時に写真の変更は、お客様の無意識のフィルターを(一時的にでも)外すことができます。
そのフィルターを外すことができれば、プロフィールにアクセスしてもらうことができ、ネット指名に繋がれば、開業の成約率は高くなるでしょう。
ある程度在籍期間が長い女性は、写真撮影を定期的にして、お客様の目に留まるように働きかけてみてはいかがでしょうか?

演出の大切さ

 
デリヘルのサイトは、グラビアアイドルのサイトに近いイメージを持たれた方も多いのではないでしょうか。デリヘルのサイトは非常によく出来ています。
アクセスした人が真っ先に見に行くのが、コンパニオンの写真です。デリヘルを利用しようと思っている人は、
そこに写真が載っているコンパニオンと、一時の恋人気分になるわけですから、どんなルックスのコンパニオンなのかは気になるところです。

お客様が最も気になる女性のルックスです。写真はそれを伝える唯一にして最強の手段です。

デリヘル店はこの写真の取り扱いを非常に重視しています。しかし、デリヘルサイトに載っているコンパニオンは顔を隠しているので、
顔の写真で勝負することもできません。コンパニオンの顔が隠されている理由は、
その人のプライバシーによるものです。顔を隠しているコンパニオンが大半になるわけです。

そのため、顔を隠した写真で勝負するわけですが、その時に大切なのが「もしかしたら可愛いんじゃないか」と思わせる期待感です。

身体のパーツを強調した撮影方法

 
より萌えさせるためには、目を惹かせることがポイントになります。そこで、身体の部位を強調するためにはどうした良いかを考えます。
衣装で強調するのか、小道具で強調するのか、ポーズで強調するのか。さらに、衣装はランジェリーなのか、
ストレッチ素材のワンピースなのか。目を惹かせるためにネックレスを使うのか、チョーカーを使うのか。
胸を前に突き出すのか、腕組みで胸を押し上げるのか、ということまで考えます。

バレたくない女性のための工夫

 
出来る限り写真から女性の雰囲気を掴み取りたいのがお客様の本音です。
しかし、働く女性は、風俗業界でお仕事をしていると、一般的には隠したいものです。
働く女性の中でも、バレてしまうことを過度に気にしてしまい、
写真の変更(撮り直し)を嫌う女性もおられると思います。

しかし、バレないように撮影・掲載することは可能です。例えば、写真にぼかしを入れたり、手で目元や口元を隠したり、 あるいは写真に修正を加えバレないようにしたりする一方で、お客様の目に留めてもらえるようにと、工夫し撮影しています。

撮影の経度

 
出来るだけ写真撮影は定期的に行った方が良いです。
理由は、写真をホームページに掲載しているのであれば、更新すればアクセスが間違いなく上がります。

今までの写真が良い写真であっても、長く同じ写真を掲載していたら、いずれ写真指名の数は減少傾向になります。

もちろん写真を新しいものにすることによって、以前掲載していた写真よりも良くなく、
アクセスが下がるケースもありますが、常に新しい写真で新しい情報を発信することにより、今まで目に留まっていなかったお客様へもアプローチできます。