風俗嬢画像の修正・加工

風俗におけるレタッチの重要性

現代のデリヘルや風俗の営業を語る上で、レタッチの存在を避けて通ることはできません。
在籍している女性を「可愛くキレイに見せる」「細くスタイルを良く見せる」為のレタッチです。
あまりにレタッチが行き過ぎているお店はパネマジ(パネルマジック)と呼ばれ、ネットなどで叩かれたりしています。
しかし、現状ではレタッチなしに勝負できているお店は皆無と言ってもいいでしょう。

お店によっては店員さんが空いた時間にやっているケースもあれば、そのお店の専属カメラマンが行うケースもあります。
中には、レタッチャー専門部隊を作りレタッチだけを専門に行う部署を設けているグループもあります。

レタッチとは

 
『レタッチ』とは、『パソコン上で写真を修正する作業』全般のことを言います。
SNSなどに投稿する写真をフィルター機能で加工する作業とは微妙に異なるのが、パソコンで修正する作業であるという点です。
レタッチでは、フィルター機能だけではできなかったいろいろな修正や加工を行うことができます。
レタッチは、まるで魔法の様に写真の雰囲気や印象を変えてしまいます。
色味やエフェクト、光加減はもちろんのこと、人物の体型や顔まで変えることが可能です。
そのレタッチ技術はあらゆる産業で大活躍しています。

レタッチをすることによって、撮ったままのオリジナルの写真を修正したり、
イメージに近い状態に補正することができます。
例えば、レンズについたホコリなどが写真に写り込んでしまったとき、それを綺麗に消すことや、
撮影後の写真をトリミング(写真の一部を切り取ること)することによって構図を整えることができます。
その他にも、写真の色調補正や、明暗の調整も行えるため、レタッチを覚えると非常に便利です。

風俗(デリヘル)嬢のパネル写真とは

 
風俗(デリヘル)店の宣伝媒体は、昔の雑誌やチラシ、新聞と違い現在は99%がお店のサイトもしくは風俗(デリヘル)のポータルサイトとなります
サイトといってもパソコンからは少なくて、約90%のお客さまが自分のスマホで閲覧をします。
お客さまは「そのサイトから女の子のパネル写真を見てどの子にするかを選んでお店に電話をかける」という流れになります。
この「選ばれる」と「スマホで」というところが重要で、パネル指名を増やすなら、スマホで選ばれやすいパネル写真が重要となります