ホームページ作成

ホームページ作成について

風俗の経営で利益をあげるために、忘れてはならないことがあります。それは、「ホームページ制作」です。
店舗のホームページを作ることで、インターネットからの集客率が格段にアップし、集客率を向上させることができます。
風俗はテレビやラジオで大々的に宣伝がしにくいもの。ホームページを制作していないと、店舗の存在を認知してもらえません。

また、ブログなどのコンテンツを定期的に更新するで利用者に店舗の存在をアピールし、「お店選びで失敗したくない」と考える利用客にとって
安心してご来店いただけれるような情報を提供することがとても大切となります。

ホームページ制作の必要性

 
ソープやイメクラ、デリヘルといった風俗店にとって、ホームページの存在は非常に大切なもの。 今日、風俗店利用客の大多数はインターネットでお店を探しています。ですから、ホームページを制作することによって、
利用者に店舗の存在をアピールし情報を提供することがとても大切なのです。
「お店選びで失敗したくない」と考える利用客にとって、ホームページの存在は欠かせません。
特に、デリヘルのような店舗を持たない風俗店のホームページを制作する際には、在籍する女の子の情報を豊富に掲載することが大事です。
プロフィールや写真、日記を展開し、利用客に「この女の子に会ってみたい」と思わせられるような工夫がポイントとなります。
また、同時に、お店の基本情報をわかりやすく載せることも重要です。営業時間や場所、コース内容、料金、オプション内容、キャンペーン情報など
  利用客が知りたいであろう情報は、できるだけわかりやすく掲載が望ましいです

集客用ページ

 
集客用ページでは「デザイン」ではなく「文章」「写真」といった「情報」が重視されます。
通販サイトをイメージすると分かりやすいでしょう。通販サイトはホームページのデザインより「商品のイメージがつく写真」が多く、
「商品の特徴・機能や購入時のメリットが良く分かる文章」を豊富に掲載することが重視されています。
営業用のページはお客さんが女の子を指名するか検討するコンテンツであり、必要とすることは「女の子の情報」です。
例えば女の子のプロフィール・持っているテクニック・指名する時の具体的なプレイ内容などリアルな情報を伝えて「指名した女の子と遊ぶイメージ」を想像できるようにする必要があります。
女の子の情報が不足していれば、指名してもどのような女の子がやって来るか分からないため、お客さんは店を利用してくれず、他店に流れてしまいます。

求人用ページ

 
求人用のページでは「文章」や「写真」といった「情報」も重要ですが、閲覧者に「見た目」を重視される傾向があるため「デザイン」で惹きつける必要があります。
集客用のホームページと違い、必要以上に店の情報を載せる必要はありません。集客用ホームページでは閲覧後指名したらそのまま利用することになりますが、
求人用ホームページでは問い合わせ、後勤務前に面接という段階を挟みます。
面接で女の子が気になることをしっかり確認できるため、求人用ホームページではまず「店に興味を持ってもらう」ことが重要です。