風俗広告代理店の選び方

費用対効果の高い代理店を見極めるポイント

営業サイトには代理店を挟まず直接的に営業するサイトや媒体がありますが、求人系は代理店に任せるサイト運営元が多いです。
多くの風俗店は、イラスト・画像・デザインを一から制作可能な店舗はそう多くありません。
そうゆう場合、店舗の意向を代理店が原稿・バナー制作するわけですが、制作能力が低い代理店と
付き合っていたらいくら良いアイデア出しても形にすることができません。
数ある広告代理店から優れた代理店を見つけ出し、
コミュニケーションとりながら新しい物を作り出せれば貴方の店も繁盛するはずです。

風俗店が掲載可能な広告の種類

 
風俗の広告を出す媒体には、「紙」と「Web」の2つがあります。
また、広告の中にも以下2つの種類に分けられます。
①風俗利用者に対する「営業広告」
②風俗店での仕事を探している女の子、もしくは風俗店での内勤スタッフ・ドライバー・幹部といった仕事を探している男性を対象にした「求人広告」
①では、お客様が受けたいサービスや料金がわかりやすい広告であること、
②ではどれだけ収入が得られるかがわかりやすい広告であることが重要です。
そして、風俗広告の掲載にあたり最も気を付けておかなければならない点が、「アダルト規制」です。
大手の検索サイトでは風俗を含むアダルト広告が一切禁止されている上、多くの方が訪れる一般的なサイトにも掲載することができません。

風俗店の宣伝・広告

 
風俗店の広告手法にはさまざまな制限があるため、「認知度を上げることでさえ難しいのでは」と感じた方も多くいるでしょう。 しかし、風俗店の宣伝広告が完全に制限されているわけではありません。
一部の制限があるとしても、風俗店の宣伝を行うことは可能です。
ここからは、風俗店の宣伝・広告におすすめな4つの集客方法についてご紹介します。

無料案内所

無料案内所とは、「お客さんに風俗店を紹介してくれる施設」のことで、歓楽街に密着していることが特徴です。
インターネットで風俗店を探すことが苦手な方や、飲みに行った帰りにサクッと風俗で遊びたいという方がよく訪れます。

無料案内所によりお客さんからの評判の良し悪しが存在しているため、依頼する無料案内所は評判やスタッフの
対応を見てしっかり選びましょう。

風俗ポータルサイトへの掲載

地域別に風俗店をまとめたポータルサイトへの掲載は、多くの風俗店が行っている集客方法でもあります。
風俗ポータルサイトへ訪れる客は意欲的なユーザーも多く、広告手法としては効果がしっかりと表れるケースも多いようです。

しかし競合店も多いため、せっかく広告を掲載しても競合店に埋もれてしまう場合があります。
多くのユーザーに見てもらうためには「トップ表示」が好ましいですが、そのためにはある程度の広告費用を割く必要があることに注意しておきましょう。

ホームページ・ブログ

最近では、集客方法としてホームページやブログを活用して、周辺地域の風俗店を探すユーザーを獲得している風俗店も少なくありません。

しかし、広告手法として成功するためには競合店に検索順位で打ち勝たなければなりません。
検索結果の上位に表示されるためにはさまざまな工夫が必要であるうえ、ホームページの作成には多額の費用がかかることを留意しておく必要があります。

SNS

SNSで店舗の情報を発信しながら集客を狙うという方法は、風俗店の広告手法としてもおすすめです。
しかし風俗店は、SNSユーザーでありがちな「情報の共有」においては避けられてしまう傾向にあります。そのため多くの方に拡散してもらうという方法は
風俗店の集客方法においては不向きであると言えます。

SNSは基本的に無料で始めることができるため、ホームページやポータルサイト等のメインとなる集客方法のプラスアルファとして活用する風俗店も少なくありません。
thumb_up風俗店の集客として広告を打つ際のポイント
風俗店の広告におすすめの手法としてご紹介しましたが、実際には風俗店とひとくちに言っても店舗型や無店舗型、
さらにキャバクラなど、さまざまな業種形式があります。
そのため、広告を出したい風俗店とその需要を把握した上で、それぞれに適した宣伝方法を行うことが最も重要です。

風俗店は、一般的なビジネスに比べて「集客」の自由度が狭まっていることが特徴ですが、検索エンジンの規約や風営法をきちんと守ることは、風俗店を運営する上で大前提であると言えます。

さらに、店舗の特徴に適した集客方法を行わなければ、思うような集客の効果が得られないことも考えられます。だからこそ、風俗店の宣伝方法は前もって知識を蓄えておく必要があると言えるでしょう。 ここまでの内容を参考に、ぜひ運営している風俗店に最適な広告手法を選んでください。